猫でもできる、みんにゃをしあわせに!

アクセスカウンタ

zoom RSS 妻と夫の定年塾 

<<   作成日時 : 2017/03/11 01:01   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

『ひな人形』

 娘が生まれた時、夫とひな人形を買いに行ったのを、冴子さんは懐かしく思い出す。当時は七段飾りが主流で、狭い借家の一室を占領してしまった。

 去年、娘に女の子が生まれた。二月に電話で「ひな人形、買ってあげたいの。場所を取らない男女一対のお内裏さまにしようか」と聞く。娘の返事は意外だった。

 「私のおひなさま取ってあるかしら。あれがいいんだけど」

 冴子さんは夫が亡くなった後に家中を整理し、物を捨てた。七段のひな人形もお内裏さまだけ残して処分したのだ。「私のおひなさま」という娘の言葉に胸が熱くなる。お内裏さまだけは捨てられず、冴子さんは毎年、一人で飾っては眺めていた。「分かった。すぐ送る」と娘に言うと、スーパーで大きい段ボール箱をもらってきた。

 お内裏さまの衣装も色あせることなく昔のままだ。冴子さんは、

 「よかったわね。みんなに見てもらえるのよ」と、ていねいに箱詰めする。ぼんぼりや笏(しゃく)、檜扇(ひおうぎ)などのお道具類もぴったり入った。すきまにはお菓子を詰め、宅配便で送った。

 翌日、娘が電話してくる。

 「早いねえ、もう着いたよ。さすが私のおかーちゃん」と感激している。決めたらさっさと終わらせるのが、冴子さんのやり方だ。

 「よし、三月三日は盛大に祝おう。費用は私にまかせてね」と、冴子さんの気分は桃の節句に突入した。

(作家・夫婦のための定年塾主宰)

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
のびたんママさん更新されていらっしゃいます

「のび&ちょんびの食う寝る遊ぶな日々」で〜す
http://ameblo.jp/nobitocyonnbi/entry-12255238984.html?frm_src=favoritemail


てんつくさん更新されていらっしゃいます

「てんつくのブログ」で〜す
http://ameblo.jp/1029mama/entry-12255177556.html?frm_src=favoritemail
ルイ&アイ
2017/03/11 01:02
アンコロさん更新されていらっしゃいます

「アンコロ日記・別冊」で〜す
http://ameblo.jp/ankoro-3/entry-12255362892.html?frm_src=favoritemail
ルイ&アイ
2017/03/11 15:51
ルイ&アイさん、こんにちは♪
昔の雛人形は、物が良いかもしれないですね、7段飾りだと立派ですね♪
お母様の、雛人形を買ってあげたいのって話に娘さん、自分の雛人形をお願いされたんですね、物は大事にするほど良いって言われてるから、新しい物買うよりもいいですよね♪
雛人形って、買うと高いんですよね、全部手作りですから♪
家は雛人形も、五月人形もないので、羨ましいです♪
マイキー
2017/03/11 20:48
私が子供の頃は近所の女の子のお家では7段飾りのお雛様が主流だった気がしますが…当時の値段から考えると車一台分だったのかも
しかし、お雛様って時代によって表情も異なりますし処分するのもお寺にお祓いして貰うとか大変ですよね。
それを考えると…やっぱり端午の節句の方が安上がりなのかもニャ〜
最近は鯉のぼりもマンションタイプの小さいのが売れてるし、兜は新聞紙で折れば完成だしね〜♪
sabatora nyanya
2017/03/11 22:12
マイキーさん

私が生まれた頃、まだまだ物資のない時代・・・ですが・・・初節句にひな飾りを揃えてくれました・・・
・・・宮付きお内裏様に三人官女だけ・・・(それでもたいへんだっただろうと思います)

小学校に上がる頃になり、初めてひな飾りを買った家が多く、当時七段飾りが主流・・・
・・・近所の友が皆、真新しい七段飾り、五人囃子もいないひな飾りが悲しかったことが思い出されました

息子の五月節句飾りはある保育園にもらっていただき、我が家にもマイキーさん宅と同じでどちらもありません・・・
・・・ニャン雛が欲しいルイ&アイです


sabatora nyanyaさん

お父ニャンさまのお子さま時代、仰られるとおり七段飾りが多かったと思います。
その後団地が増えた頃、木目込みとかケース入りとか、小型のものに・・・

そうそう、処分もたいへんでした・・・最近は「人形供養」をしてもらえるところ(寺院や斎場)が多くなったと思います

ニャニャくん、いつだったか兜かぶってらっしゃったような・・・違ったかな
ルイ&アイ
2017/03/12 19:24
雛壇って憧れでした。
私のお雛様は土雛様でお内裏様とお雛様だけ。
子供時代は雑誌の付録だったので、確かに7段飾りだ立ったわね。
つるし雛で飾られる旧家のひな祭り、うらやましく見ています。
てんつく
2017/03/12 22:58
3人目で産まれた女の子というのでお雛様は7段飾りのお雛様を飾ってもらっていました。
その前でお菓子をくわえてご満悦の幼少のみぎりのハマチィの写真があります(笑)

和歌山には加太(かだ)という所に淡島神社さんがありここは人形供養で有名で毎年お雛様の日にたくさんの納められたひな人形を船に乗せ海に流す流しびなの行事があります。
人形って愛着があったりするので処分するのが難しいですが、いろいろな人形が納められて供養していただけます。ハマチィも納めに行ったことがありますよ。
今のハマチィ家のお雛様はちっちゃい紀州雛です(しかしこの紀州雛年がら年中飾っとりますわ)。
ハマチィ
2017/03/13 10:29
てんつくさん

「雑誌の付録」・・・そうそう七段飾り、思い出しました

猫祭りでご存知の方も多い瀬戸で、ひな飾りが飾られていたのをTVで・・・何体あったのか、壮観でした(来年は行ってみようかな、なんてね)


ハマチィさん

雛壇の前でご幼少のハマチィさんショット、良いですね〜

「紀州雛」・・・気になります〜
・・・片付かれたハマチィさんですモン、お雛様片付けなくてもだいじょぶだ〜〜、ですよね
ルイ&アイ
2017/03/13 19:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
妻と夫の定年塾  猫でもできる、みんにゃをしあわせに!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる